スマホ写真向け

スマホで写真をもっと綺麗に撮る!10のポイント!

はじめに

HITOHA
スマホのカメラ性能が上がり、かなり綺麗な写真が撮れるようになったけど…。 ちょっとした気遣いで、写真が更に良くなる方法をまとめてみたよ。

1.写真に収める範囲と被写体(主役)の大きさを決める。

被写体をカメラ画面に映したら、近づいたり離れたり、レンズの倍率を変えて写真に写す範囲と被写体の大きさを決めるといいよ。
被写体を小さく撮りすぎると余計なものがたくさん入るので、写真が少し難しくなるよ。

ワンポイントアドバイス

写真の範囲を決める時は、あれもこれも入れるより出来るだけ余計なものを省いて撮るとシンプルでわかりやすい写真になるよ。

2.一番見せたい部分にピントを合わせる

カメラ画面のクッキリと写した部分をタップすると、そこにピントが合うよ。

ワンポイントアドバイス

ピントを合わせた部分はクッキリと写るので、写真を見る人の視線が集まりやすくなるよ。

3.明るさを変える

写真の明るさは、画面をタップするとでる四角マークの脇にある☼マークを上下にスライドして明るさを変えられる。

ワンポイントアドバイス

青空が真っ白になってしまう、真っ黒な部分がある、見た目と違うと感じたら明るさを変えて撮るといいね。

4.縦横の線が真っ直ぐになるように撮る

人工構造物が写真に入る場合は、縦横の線が傾かないように注意すると違和感が軽減されるよ。

ワンポイントアドバイス

iphoneの場合、グリッドを有効化して3分割の罫線を出すと水平、垂直の目安になるよ。

5.シャッターを押す瞬間に車や人が入らないか周囲を気にする

シャッターを切る前に周囲を一瞬だけでも確認するといいね。

ワンポイントアドバイス

人がバッチリ入ってしまうと、うかつにSNSとかに写真を投稿できなくなることもあるよ。

6、余計なものが映り込んでいないか確認する

広角や超広角レンズを使うとかなり広い範囲が写るので、自分の影や指、足、持ち物が映ってないか気にするといいよ。

ワンポイントアドバイス

超広角レンズで順光の写真を撮ると、ほぼ確実に自分の影が入ってしまうので、角度変えてみるなどの工夫が必要だね。

7.撮った写真を確認する。

ちゃんと撮れたと思っても撮った写真はその場で確認する習慣は付けたほうがいいよ。

ワンポイントアドバイス

思いがけない映り込み(指・人・車)がないか、写真がブレてないか、白飛び、黒ツブレがないかを確認するといいね。
その場で確認出来れは撮り直しも出来るからね。

8.iphoneの写真編集アプリで傾きを直す

写真が傾いてしまった時は、iphoneにもともと入っている画像編集アプリで修正が出来るよ。

ワンポイントアドバイス

傾きを直すと写真に撮れていた範囲が狭くなるので大事なモノが欠けてしまうことがあるよ。

9.写真の端に余計なものが写っている時、不要なものを省くことができる。

写真に余計なものが写っている場合、iphoneにもともと入っている画像編集アプリで写真の大きさを変えることが出来るよ。
この作業をトリミングと言うよ。

ワンポイントアドバイス

トリミング作業は、構図の勉強にもなるよ。

10.写真の明るさや色合い、コントラストなど、後から調整できる。

写真の映りやイメージを、iphoneにもともと入っている画像編集アプリで修正できるよ。

ワンポイントアドバイス

初めから編集アプリ頼りにはしないで、できれば編集なしで撮れるようにしたいね。

まとめ

HITOHA
スマホ写真ではあっても、ちょっとした気遣いで簡単に写真の出来が変わるので最低限10のポイントは実行してほしいと思ってるよ。

-スマホ写真向け

© 2021 Atelier 302 絵夢【emu】 Powered by AFFINGER5