カメラ初心者向け

絞りってなにかな?絞りを変えると何が変わるの?絞りはどんな時に変えるの?

カメラのマニュアルに絞りってあったけど…。 絞りって何だろう?
HITOHA
それなら、今日は絞りについて初心者向けに簡単に話すね。
HITOHA
はじめは、絞りを変えたらなにが変わるのか、絞りはどんな時に変えるのかを話すね。

絞りってなあに?絞りを変えると何が変わるの?絞りはどんな時に変えるの?

絞りは、カメラに光を取り込むための入り口の大きさを変える装置だよ。

ワンポイントアドバイス

写真はカメラに取り込む光の量で明るさが変わるよ。

光の量はこうして決まる

「光の入り口の大きさ」(絞り)×「光を取り込む時間」(シャッタースピード)で決まるよ。
HITOHA
光は入り口を大きく開けるとドバっと入ってくるので、光を取り込むための時間を短くすることができるんだ。
コップ一杯の水を貯める時の水道の蛇口と似ているね。
蛇口を全開にすると、短時間で水がたまるけど、蛇口細くすると時間がかかるよね。

絞りを変えるとシャッタースピードも変わる

コップの水を貯める時は、いつも蛇口全開じゃいけないの?
HITOHA
そうだね。
毎回絞りを大きく開けていても写真は撮れるけどね。
写真の場合はシャッタースピードを変えて撮りたい時があるんだよ。
なので、光を取り込む入り口(絞り)の大きさを変えて、光を取り込む時間(シャッタースピード)が変えられるようにしてあるんだ。
走っている子供の残像が残るような写真を撮る時は、シャッタースピードを遅くして撮りたいからね。
そうか、なんとなくわかりました。
HITOHA
それに、絞りを開いたり閉じたりすることで写真の映りも変わるんだよ。

絞りを変えると写真の映りも変わるよ

絞りを大きく開けるほど、背景がボケやすくなるよ。
正確にはピントが合う範囲が狭くなるんだ。

それはどんな時に使ったらいいの?

背景がボケやすいと、全体的に柔らかな表現になるのでお花写真や女性のポートレートモード撮影に向いているね。

反対に、絞りを閉じるとピントの合う範囲が広がり全体的に鮮明な写真になるから風景写真向きだね。

そうなんだ、絞りはそんな風に使い分ければいいんだね。
HITOHA
そうだね。
絞りを変えることで、個性的な写真が撮りやすくなるよ。

絞りはカメラ操作で変えるよ

HITOHA
それから絞りは、カメラ操作で変更することができるので、覚えてほしいことがあるよ。

絞りはF値という数値あらわされて、F値の数値が小さいほうが絞りが大きく開いているよ。

一般的なレンズではF2.8・F4.0が大きく開いている状態で、F8.0・F11.0で閉じた状態だよ。

まとめ

絞りは、シャッタースピード変えたい時、写真の映りを変えたい時に変更するといいね。

写真の表現の幅がぐっと広くなるよ。

分かりにくいことがあったらお気軽に質問してね。

管理人への質問

    -カメラ初心者向け

    © 2021 Atelier 302 絵夢【emu】 Powered by AFFINGER5