カメラ初心者向け

好みの写真を、迷わず、悩まず、楽しく撮るための最短ロードマップ!

 

自分の写真で感動したいし、感動させたい。

 そんな写真がバリバリ撮れるようになるため、日夜励んでいます。

 

って、楽しんでるだけなんですけどね。

 

この記事では、好きな写真のレベルアップのために、意識ていることをここにまとめて、ロードマップにしました。

最近写真を撮り始めた人、なかなか思うような写真にならないと感じている方に、参考にしていただければ嬉しいです。

 

私は、もう長い事写真を撮っていますが…。

これって、写真のレベルアップって、ゴールがないので、今でもこのロードマップでレベルアップを目指しています。

良かったら一緒にレベルアップしませんか?

 

好みの写真(自己満写真)を目指して

好みの写真をって…。

そんな自己満写真でいいのかな?

 

そんな風に思う人もいるよね。

 

きっと。

 

けど、ちょっと想像してみて。

自分自身が好きだなって思え写真を、誰かに見せたい。見てほしいとは、思わないよね。

 

 

誰かを満足させる写真を撮るには、自分の写真に対する基準を上げなくては撮れるようにはなりません。

 

 

こんな話を知っていますか?

 

目より先に手が肥えることはない。

良し悪しを見抜く目を養わねば、作品を生み出す手の成長は望めない。表現者の間でよく使われる文句。

 

これはあらゆるジャンルに共通し、目の良い者の上達速度は、そうでない者のそれをはるかに凌駕する。

 

これは、アニメ『呪術廻戦』の中で、「東堂 葵」が言っていた言葉ですが…。

 

私の写真上達の考え方と、一緒だったので引用しました。

 

私は写真上達に一番大事なのは自分がどんな写真が好きで、どんな写真を撮りたいと思っているのかを知ることだと思っています。

 

ではでは、前置きが長くなりました。

 

 

写真上達の最短ロードマップ

写真の上達は、良いカメラ、良いレンズを買うより。

この順番で写真に触れあうことが大事。

 

 

自分の心が動く写真、撮ってみたいと思う写真をみつけよう

 

SNSやWEBページで、多くの人公開している作品をよく見ましょう。

 

そして、この写真好きだな。

こんな写真が撮りたいなぁ。

 

そんな風に思える写真を何枚か見つけます。

 

 

 

見つけた写真を手本に、カメラの使い方を覚えながら写真を撮ってみる

カメラの使い方や、レンズの性能は、ざっくりと知っていれば良いです。

 

具体的覚えることは次の4つです

  • ピントの合わせ方
  • 被写体の大きさの変え方
  • 写真の明るさの変え方
  • 背景のボケ具合の変え方

 

初めは、これだけ覚えれば十分です。

どのダイヤルかボタンで変わるのかがわかれば十分です。

ピントの合わせ方

これは、カメラでもスマホでも大事なことなので、マニュアルを読んでおぼえましょう。

 

カメラの場合

シャッターボタンを半押しすれば大概ピントが合うように作ってあると思います。

 

スマホの場合

狙った被写体をタップすればピントが合うようできています。

 

被写体の大きさの変え方

カメラもスマホも同じです。

・被写体に近づくか、離れる

・レンズを変えるか、レンズ倍率を変えます。

 

スマホでレンズが一つの機種はレンズを変えることができません。

 

写真の明るさの変え方

カメラの場合

・シャッタースピードを変える

・絞りの開け方をかえる

・iso感度をかえる。

メーカーや機種によって違うのでマニュアルで確認します。

 

どのダイヤルを回せば変わるかが分れば、画面上にひょうじされるので、覚えるのは簡単です。

 

スマホの場合

被写体を長押しタップすると明るさを変えるゲージがでてきます。通常そのゲージで変更します。

 

背景のボケ具合の変え方

カメラの場合

・しぼりダイヤルで絞りの開け方を変更します。

・しぼり値が低いより明るく撮れるレンズに変更します。

 

スマホの場合

一般的には絞り値を変更することができません。

 

これらの変更方法をざっくり覚えて、お手本を真似て写真を撮ってみます。

 

そして、自分の写真と手本の違いが、何なのかを考えて、近づけるにはどうしたいいのか、少しでいいから意識して写真を撮りましょう。

 

 

これ…。

簡単そうで難しくて

 

つい、写真を撮っていると夢中になっちゃって忘れちゃうw

 

 

これを繰り返す間に、自分の写真を見る目が上がり、好みも変わってきます。

 

写真の基準が上がってきている証拠です。

 

写真上達のロードマップの最初は、たったこれだけです。

 

これを繰り返すだけで、何も考えずにただ数稽古している人とはものすごく大きな差ができます。

 

 

まとめ

写真の上達というと、難しそうだと思われる方沢山いますが、おおむね最初はこの繰り返しで3月も撮れば大分上手になるはずです。

 

是非試してみてください。

 

もちろん、この先のレベルを目指す方は、もっと色々覚えることがありますよ。

 

気になったら聞いてね。

 

それは別の記事で説明します。

-カメラ初心者向け
-, , , , ,

© 2022 Atelier 302 『記憶の呼び鈴』 Powered by AFFINGER5