カメラ初心者向け

iphoneのポートレートモードを使って背景をぼかす方法!

スマホでも背景を大きくバカす方法ってないのかな?

何かあったら教えてほしいな。

HITOHA
あるには、あるけど…。

HITOHA
iphoneの特定機種に限定されてしまうのだけど、一応使い方を説明するね。

iphone11proでポートレートモードを使用する手順

① カメラを起動
② ポートレートを選択
③ 自然光を選択
④ 撮影

手順はこれだけで、背景をボカした写真が撮れるようになるよ。

HITOHA
詳しい手順を説明するね。

① カメラを起動

通常通りカメラを起動させます。

② ポートレートを選択

カメラ画面下部の撮影モードの選択からポートレートモードを選択する。(※1)

③ 自然光を選択

光の選択で自然光を選択する。
初期設定が自然光なので特に変更しない。

④ 撮影

ポートレートモード撮影は、通常の写真モードより寄ることができません。(最短距離20㎝くらい)

ワンポイントアドバイス

(※1)ポートレートモードは機種により、顔認識と連動し人以外では使えないものがあります。

iphoneポートレートモードの作例


ノーマルモードで撮影してた写真です。
花のすぐ後ろにバラの葉が写り、ちょっとうっとうしですね。


ポートレートモード・自然光・F1.4で撮ってた。
背景はかなりボケて、花が浮き出しているようにも見えるけど…。
ちょっとわざとらしいかもね。


F値を4.0に変更した結果。
少しボケ加減がなめらかになったね。

ワンポイントアドバイス

光の選択では自然光の他に、スタジオ照明、輪郭協調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)が選択できるよ。
光の選択は撮影後に変更することも出来るから、とにかく自然光を選んでね。

ワンポイントアドバイス

寄りすぎると「もっと離れてください」と画面に表示され、距離が満たされると「自然光」の文字が黄色く変化します。
後は、シャッターボタンをタップするだけだよ。
HITOHA
背景のボケた写真が撮れますが、ボケ方が不自然に感じる、花の茎が消えてしまうなどがある場合はF値を変更することでボケ量を調整して自然に見えるようにするといいね。

ワンポイントアドバイス

ポートレートモードの「光の選択」「F値の選択」は、撮影後に変更できるので、あまり気にせず撮影してから調整しましょうか。

「光の選択」「F値の選択」を後から変更する手順

① 写真アプリを起動
② ポートレートモードで撮影した写真を選択
③ 右上にある「編集」をタップ
④ 編集場面が開くと、光の選択、F値の変更ができます。

光の選択

自然光がもっとも不自然さがない照明タイプだね。

F値の変更

出来た写真を観ながら出来るだけ自然に見える数値に変更するといいね。

まとめ

HITOHA
やや不自然な仕上げになることがありますが、これも一つの持ち味だと思えば、それもありかなと思えれう機能です。

HITOHA
ポートレートもーどが使える機種をお持ちの方は、是非お試しください。

管理人への質問

    -カメラ初心者向け

    © 2021 Atelier 302 絵夢【emu】 Powered by AFFINGER5