カメラ初心者向け

【つぶやき】花畑で一輪の花を探すとき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


HITOHA
植物園とか花畑で写真に撮る一輪の花を見つける時って、あなたはどうしているの?

コンディションの良い個体を探す?
HITOHA
うん。 それは大事だね。
良い背景が出来そうな個体を探す?
HITOHA
うんうん。 それはかなり重要。

つまり綺麗に写りそうな個体を探すってことだよね。

HITOHA
それならなんで光は見ないのかな?

写真を撮るの光は一番大事…。

光をもっと意識すれば簡単に綺麗な写真が撮れるようになるのに…。

難しく考えすぎ

そんなこと言ったって、「光なんてわからないよ~」

そう思われている人って多いよね。

HITOHA
でも、それって難しく考えすぎ!

要は、綺麗に写る光を知ればいいだけだよ。

やり方は、簡単

光の強弱と光の方向を確認したうえで、撮った写真を見比べればいいでしょ。

たったこれだけで、光の違いでどんな風に映るのか、どんな写り方が好きなか分かるよね。

そんなことは、冷静に考えればだれでも分かるよね。

はじめから光なんてわからないって決めつけてない?

たしかにはじめはわからないかもだけど…
それ言い続けていたら、ずっとわからないよ。

だから一度やってみるといいよ!

日当たりの良い日中と曇りの日
順光・逆光・サイド光などいろいろとね。

意外な光で綺麗に撮れるって事が分かるはずだよ。

個人的なオススメ

十分な明るさはあるけど、ほとんど影が目立たないような曇りの日は、簡単に発色の良い綺麗な花写真が撮れるよ。

ただね「十分な明るさがある」って、文字で書いてもわからないね。

だから試してほしんだ。

ちょっと薄暗いかなって思える日陰とかで撮ってみるのもいいかもだね。

今日はこんな感じ。

管理人への質問

    -カメラ初心者向け

    © 2021 Atelier 302 絵夢【emu】 Powered by AFFINGER5